忍者ブログ
右サイドカラムのボタンを押して下さい。
                    Hit me and Enter!

367. 363. 362. 359. 354. 348. 323. 318. 317. 312. 311.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Jeep

ジープ (Jeep®) は、ダイムラー・クライスラーの四輪駆動車のブランドで
ある。ジープは単なる商標に留まらず、その優れた設計から民生のクロス
カントリーカーや小型軍用車両の代名詞となっており、ライセンス生産、
コピーを問わず、世界中に亜流が存在する。

・・・ なぁんてことが言いたい訳でないのは勿論のことです。

ここでは、最遊記の話をしている訳ですから、ジープとは当然に八戒の
肩に止まり、必要に応じて車に変身する白い小竜のことですよね。
ただ、原作でジープであった彼の名前は、TVアニメになった際、ジープが
上述の如く、商標登録された固有名詞であったことから、白竜と変えられ
てしまいました。

後付けの理由と思われますが、小説版最遊記 「 鏡花水月 」 の最後に
改名の理由が出てきます。
「 白竜では余りに見たままなので 」 という八戒の思い付きのようですが、
ジープだって結局変身しているもう一つの姿であって、見たままです。
しかしまぁ取敢えず、これで、「 白竜 」 が、彼の元々の名前であったと
いうことにはなるので、それで良いのでしょう。

ジープは物語開始時 ( 旅の始まりの時点 ) から、既に八戒のペットと
して、また一行の足として、登場していますので、原作でもアニメでも
殊更に出合いのシーンが描かれることは無かったのですが、後に小説版
のこの同じ巻で、最初の出合いが紹介されることとなりました。
( ここには、それまで余り描かれて来なかった八戒と悟浄の同居時代の
エピソードが描かれ、八戒と花喃の正確な関係も出てきます。)

ただし、ここでも、出合いそのものの詳しい記述はありません。
雨に弱い八戒が、独り不安に落ち込んだ挙句、折角心配して戻って来た
悟浄とすれ違うようにして、雨の中を彷徨い出してしまった先の森の中で、
出合いを果たしたことになっていますが、羽音を聞くシーンで一旦話が
途切れ、次には、ジープが八戒と暮らすようになって以来、日課となって
しまった悟浄の叩き起こしの場面となって再登場します。

八戒はこの日課を 「 不規則な生活が身体に悪いから、悟浄を気遣って
起こしている、愛情表現 」 だと主張しますが、悟浄は 「 八戒の食事の
仕度 ( 家事 ) を軽減するためにやっている 」 と推測していました。
この小竜は、前世で天蓬に一目を置き、策士として気にもいっていた
西海竜王 敖潤 ( 捲簾・天蓬の上官 ) の生まれ変わりと言われる事が
多いようですが、作者がそれを公式に認めたことはありません。
しかし、悟浄の起こし方以外にも徹底して八戒にだけ味方する癖があり、
八戒にも、ジープの言葉を聞き取っていると思しき節があって、繋がりは
強いようです。
ですから、悟浄の推測は多分当たっているのでしょう。

その後、三仏神から三蔵に新たに、百眼魔王の城から持ち出された2つ
の宝物を探し出し、破壊または封印をせよという命令が下ります。
一つは八戒の悪夢を再現する 「 悪趣味な 」 鏡でしたが、残る一つが、
禁断の汚呪とされる 「 化学と妖術の合成 」 によって作り出されたジープ
の存在でした。
そして、「 害は無さそうだ 」 という理由に加え、「 帰りの足が無くなる 」
という三蔵らしい言い草と共に、赦され見逃されたジープは、三蔵一行の
一員というか、その時点では八戒のペットとなります。

因みに運転者が八戒である理由は、彼が飼い主だからではなく、当時
( or その後ずっと?) 「 隣で運転するのを見たことがある 」 という八戒が
4人のうちで、一番運転技術が高かった(?)ためです。

・・・ このような経緯で、八戒に懐き、三蔵達の旅にも同行することになった
ジープの正体は、つまりは、元百眼魔王の所有していた宝具ということに
なるのですが、わたしには、もう一つより具体的な存在理由が有る様な
気がしてなりません。

羽のある動物が、安全と信じる場所に止まったときには、普通羽をたたみ
ますよね?
しかし、ジープはお気に入りの八戒の肩に止まる際、大抵は羽を左右に
張り出して止まります。
一方、自身の顔 ・・・ というか、首は下に曲げていることが多く、あまり
目立たせるのが好きではない様子です。


クリックしてね♪少し大きくなります。


クリックしてね♪少し大きくなります。


そのため、左右に大きく広げた純白の翼は、八戒自身のそれに見える
ことも多く、八戒が、背を反らすようにして立っている様は、さながら、
八戒自身が翼を背負って、そこに佇んでいるように感じてしまいます。
コヤツ、本当の存在理由は、武器を持たない八戒のアクセサリーでは
なかろうかと睨んでいるのですが ・・・ ?
 
 
 
 
PR
新着情報
( このブログ以外の場所に置いており、下欄の 「 最新記事 」 に載らない内容です )

「生存者」 ~ 蛙灰皿秘話 ~
 2008/11/11

「憐情」
 2008/10/16

「行くな!」君去りし後裏返し編
 2008/09/21

「風車」
 2008/09/04

「贈物」
 2008/08/27


 ご訪問ありがとうございます。


 ここには、最遊記についての

 エッセイ、その他の雑文を

 置いて居ります。

 ブログには不向きなのですが

 カテゴリーのボタンを押せば

 多少、纏まった記事として

 御覧戴けるかと思います。

 この下のボタンを ↓ ↓ ↓

 クリックして下さいね!

 (。・・。)(。. .。)ウン
プロフィール
HN:
Nacchan & Akira
性別:
非公開
職業:
アニマル・セラピスト
自己紹介:
わたしが、なっちゃんだ!
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
Hit it and you can see my Pop-up!

↑ Hit it and you can see my pop up!



  ―――――――――――――

触らないで!
何となく ・・・


最遊記 関連商品のページ








チンゲンツァイシスターズ・ライブ♪



from burial3
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp