忍者ブログ
右サイドカラムのボタンを押して下さい。
                    Hit me and Enter!

389. 386. 385. 380. 373. 370. 367. 363. 362. 359. 354.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリックして下さい。少し大きくなります。 ← クリックして下さいネ!


実はわたしが初めて読んだ最遊記は、英語版 SAIYUKI だったので、
まさか、原文では全体が連用形で書かれているとは想像も付きません
でした。

このカットは悟能が逃走中の深刻な場面 ( TVアニメの15話と16話の
間に当たる位置 ) に出て来る為、絵柄は元気一杯の悟空ですが、
内容的には八戒に宛てた悟浄の心情かな、などと思っていたんです。

だって、最後なんか、「 JUST LIVE, LIVE, LIVE. 」 なんですよ?
「 いいから、生きろ、生きろ、生きろ 」 だと、思うじゃないですか?
深く思い詰め過ぎて自虐的になり易い八戒に対し悟浄が、もっと自分を
甘やかしても良いから、ただ生きておれ、と望んでいるということだろうか
などと想像して読んでしまいました。

後に、それらの言葉が全て連用形で書かれ、最後も 「 生きて、生きて、
生きて 」 であったのを知って唖然としたものです。

まぁそれでも、最初に感じた印象というものは強いもので、未だにその
部分を見掛けると、英語版の方が頭に浮かんで来て、

「 もう食えないってところまで食え。
  飽きるまで遊べ。
  一日中でも寝てろ。
  笑っても、叫んでも、泣いても構わん。
  ただ、生きろ、生きろ、生きろ!」


と感じてしまいます。

ついでに言うなら、英語訳の作成者自身も、前後の物語の暗い雰囲気に
合わせた結果、あのように訳したのではないでしょうか?
5フレーズ目と6フレーズ目にわざわざ原文に無い 「 IT'S OKAY TO ・・・」
「 JUST 」 を補ってある点からみても、わたしが上で英語からの逆起しを
して書いた、あの日本語のような意味合いで書かれている気がしてなり
ません。


何はともあれこのフレーズ、勘違いしていた間も、そして原作を知った後
でさえも、なお、結構お気に入りのフレーズであり続けたものでした。
 
 
 
 
PR
新着情報
( このブログ以外の場所に置いており、下欄の 「 最新記事 」 に載らない内容です )

「生存者」 ~ 蛙灰皿秘話 ~
 2008/11/11

「憐情」
 2008/10/16

「行くな!」君去りし後裏返し編
 2008/09/21

「風車」
 2008/09/04

「贈物」
 2008/08/27


 ご訪問ありがとうございます。


 ここには、最遊記についての

 エッセイ、その他の雑文を

 置いて居ります。

 ブログには不向きなのですが

 カテゴリーのボタンを押せば

 多少、纏まった記事として

 御覧戴けるかと思います。

 この下のボタンを ↓ ↓ ↓

 クリックして下さいね!

 (。・・。)(。. .。)ウン
プロフィール
HN:
Nacchan & Akira
性別:
非公開
職業:
アニマル・セラピスト
自己紹介:
わたしが、なっちゃんだ!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
Hit it and you can see my Pop-up!

↑ Hit it and you can see my pop up!



  ―――――――――――――

触らないで!
何となく ・・・


最遊記 関連商品のページ








チンゲンツァイシスターズ・ライブ♪



from burial3
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp