忍者ブログ
右サイドカラムのボタンを押して下さい。
                    Hit me and Enter!

269. 266. 259. 254. 249. 246. 243. 242. 228. 222. 208.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

( 復讐として本人を殺すというより、目の前で仲間を殺傷することで
八戒を 「 壊そう 」 という敵が現れ、策に掛かった悟浄と悟空が負傷。
精神的に追い詰められた八戒が、三蔵に問い掛ける ・・・。)

八戒 「 三蔵 ・・・ 」
三蔵 「 何だ。下らんこと聞いたら殺すぞ。」
           :
           :
八戒 「 ぼくは ・・・ ここにいても良いんでしょうか?」
三蔵 「 本当に下らねぇな。・・・ 2度と聞くなよ!」
八戒 「 そうですか ・・・。」

     - 幻想魔伝 最遊記
         第12話 『 Wandering Destiny 闇との攻防 』 -


クリックしてね♪少し大きくなります。


こちらも、友情の表現の苦手な三蔵の、三蔵なりの気遣いが垣間見
られた、胸の熱くなるような名場面でした。
居場所というものの大切さ、受け容れられていることの有り難さが、
アニメというイージーな表現手段を超えて伝わってくる気がします。
幻想魔伝 最遊記には、このように、言葉は悪いが気は良いといった
シーンが、随所に見られました。

続編の 「 最遊記 リロード 」 「 最遊記 リロード ガンロック 」 から、
こんなシーンが一挙に消えてしまい、我侭で意地っ張り、己の強さだけ
を強調した三蔵法師が登場して、口の悪さがそのままの意味合いに
なってしまったのが、残念で仕方ありません。
同様に、四六時中笑顔でありながら、一たび険しい表情を見せると、
その時が最強で恐ろしい ・・・ といった八戒のパーソナリティもまた
微妙に変化して、余り笑わなくなると共に、元来、笑顔で居続ける彼の、
時折見え隠れする厳しさであったはずの辛辣さも、単なる皮肉屋とも
受け取られかねない描かれ方に変わってしまったことにも、寂しい気が
したものです。
 
 
 
 
PR
新着情報
( このブログ以外の場所に置いており、下欄の 「 最新記事 」 に載らない内容です )

「生存者」 ~ 蛙灰皿秘話 ~
 2008/11/11

「憐情」
 2008/10/16

「行くな!」君去りし後裏返し編
 2008/09/21

「風車」
 2008/09/04

「贈物」
 2008/08/27


 ご訪問ありがとうございます。


 ここには、最遊記についての

 エッセイ、その他の雑文を

 置いて居ります。

 ブログには不向きなのですが

 カテゴリーのボタンを押せば

 多少、纏まった記事として

 御覧戴けるかと思います。

 この下のボタンを ↓ ↓ ↓

 クリックして下さいね!

 (。・・。)(。. .。)ウン
プロフィール
HN:
Nacchan & Akira
性別:
非公開
職業:
アニマル・セラピスト
自己紹介:
わたしが、なっちゃんだ!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
Hit it and you can see my Pop-up!

↑ Hit it and you can see my pop up!



  ―――――――――――――

触らないで!
何となく ・・・


最遊記 関連商品のページ








チンゲンツァイシスターズ・ライブ♪



from burial3
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp